ジャックダニエル ブラック 700ml 40度
ジャックダニエル ブラック 700ml 40度
1,780 円
世界で一番売れているというウイスキー!定番中の定番です。
ジョニーウォーカー 赤ラベル 700ml 40度
ジョニーウォーカー 赤ラベル 700ml 40度
1,080 円
こちらも、定番中の定番。世界で一番売れているというスコッチウイスキーです。
(The Macallan Distiller`s Choice)【今では、手に入らない】 マッカラン ディスティラー...
(The Macallan Distiller`s Choice)【今では、手に入らない】 マッカラン ディスティラー...
価格2,980円
マッカラン18年700ml 43度 【正規品 】 【マッカラン極上のシングルモルト】
マッカラン18年700ml 43度 【正規品 】 【マッカラン極上のシングルモルト】
価格8,350円
マッカランの美点が凝縮している極上シングルモルト。 モルトを味わう楽しみを満喫することができます。
リュック モンターニュ ナポレオン 700ml 40度(Luc. Montagne Napoleon)
リュック モンターニュ ナポレオン 700ml 40度(Luc. Montagne Napoleon)
価格 999円
飲みやすい味・品質・お値打ちな価格!!
オタール VSOP 700ml
オタール VSOP 700ml
価格 2,171円
味と香りのバランスに優れたオタールのコニャック
100% BAS ARMAGNAC産の高級品【限定価格】サマランス VSOP
100% BAS ARMAGNAC産の高級品【限定価格】サマランス VSOP
価格 2,000円
アルマニャックの有名メーカー。100% BAS ARMAGNAC産の高級品 特有のスミレの香りが特徴的です。箱もあり贈り物にもおすすめ
ヘネシー XO 正規 箱入り 700ml 40度
ヘネシー XO 正規 箱入り 700ml 40度
価格 7,905円
円熟したリッチな味わいが特徴。最高コニャックです!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘネシー 

ヘネシー社はLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループの一つです(名前にあるようにドンペリで有名なモエ・エ・シャンドンもグループ会社の一つ)。

ヘネシーはブランデー・コニャックのトップブランド。
主に、プリビレッジやフィーヌ・ド・コニャックという規格のブランデーを製造しています。
また、より高級な製品ではフィーヌ・ド・コニャックよりも厳しい制限を設けてグランド・シャンパーニュ地区産のものしか使わずに製造したブランデーもあります。


ヘネシー XO 700ML
価格 8,800円
樽熟成によるコクと円熟したリッチな味わいが特徴。

スポンサーサイト

LVMHヘネシー・フィーヌ・ド・コニャック 700ml 40度 

世界のTOPブランド
モエ・ヘネシー・ルイヴィトングループの人気のコニャック【ヘネシー】
LVMHヘネシー・フィーヌ・ド・コニャック 700ml 40度
楽天ダントツ最安値に挑戦!

販売期間 2006年11月25日00時00分~2006年11月30日23時59分
価格 2,000円 (税込)

しかも、送料込みです!!

ジャパニーズ・ウイスキー(国産ウイスキー) 

戦前、渡英した竹鶴政孝によってスコッチ・ウイスキーの伝統的製法が持ち帰られる。竹鶴は壽屋(現サントリー)に在籍し、次いでニッカウヰスキーを創業した人物であり、両社には竹鶴の(およびスコッチの)影響が色濃く残っていると云える。当初竹鶴の目指した本格的なウイスキーは高級すぎて飲まれず、庶民が飲めるのはトリスをはじめとした安価だがあまり質の良くないウイスキーであった(中には原酒すら入っていない粗悪品もあったようである)。一方で高級品は舶来(「ジョニ黒」など)が定番であった。この傾向は1980年代初頭まで続くが、その後、サントリー・ニッカの両社は独自の発展を遂げ、技術も向上し世界的にも最高級の品質のウヰスキーを創り出すようになった。ここ数年では国際的な品評会において、本場のスコッチを凌ぐ評価を得ることも多く、こうした市場評価が、ジャパニーズ・ウイスキーを後発であるにも係わらず「世界の5大生産地」として押し上げる原動力となったのである。1990年代以降には酒税法の改正もあり、サントリー・ニッカの両社は積極的に高品質製品の投入に取り組んでいる。

主な製品としては、廉価ブランドではトリスウイスキー、BLACK NIKKA。中価格帯ブランドではオールド。リザーブ、スーパーニッカ。高価格ブランドでは、山崎、竹鶴、余市、宮城峡、鶴、響、などがある。また、同名義で廉価と高級価格帯が存在する富士山麓などもある。

ジョニーウォーカー 

ジョニーウォーカーは世界で最も売れているウイスキー。
スコットランド製(スコッチウイスキー)。
世界最大の酒造会社である英ディアジオの所有するブランドである。

現在も主力商品であるブラックラベルとレッドラベルが誕生したのは1909年。当時の一流イラストレーターがブランディングを担当し、生まれたのが「ストライディングマン」です。(ジョニーウォーカーに必ず描かれている、ステッキを手に闊歩する紳士)

ジョニーウォーカーはラベルの色によってグレード分けされており
赤→黒→金→青の順に高くなっていく。

ジョニーウォーカーは日本でも戦前からよく飲まれており、たまに小説の記述などにも顔を出す。その際には「ジョニ黒」などという愛称も使われる。

コーン・ウイスキー  

トウモロコシを原料とする。グレーンウイスキーと異なり単式蒸留なので独特の強い風味を持つ。

ライ・ウイスキー  

主に北アメリカで生産される。ライ麦を主原料とする。

ブレンデッド・ウイスキー  

モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたもの。大量生産や品質の安定に適合的。

グレーン・ウイスキー  

トウモロコシ、ライ麦、小麦などを主原料にするもの。連続式蒸留器で蒸留するため風味に乏しい。単体で最終商品とされることは通常なく、ブレンド原酒として風味を和らげるために用いられる。

モルト・ウイスキー  

大麦麦芽(モルト)のみを原料とするもの。一般的に、単式蒸留釜で2回(ないし3回)蒸留する。少量生産に適合的で、伝統的な製法。もっとも、大量生産や品質の安定が難しい。

シングルモルトとは、ピュアモルトウイスキーの中で、ひとつの蒸溜所でつくられたモルトウイスキーだけでつくったもの。 モルトウイスキーは大麦麦芽から仕込み、醗酵、蒸溜という工程を経て樽貯蔵前の無色透明のウイスキーをつくるまでの時間はおよそ1週間。その後はウイスキーのゆりかごと 言われる樽の中で長い熟成の時を重ねます。10年ものを考えた場合、人間の技が発揮できる1週間は、ウイスキーの一生におけるわずか500分の1という一瞬でしかありません。 残りは自然にゆだねるしかなく、それだけに、熟成の時を重ねる蒸溜所の空気や気候風土が香味に反映され、シングルモルトウイスキーの個性に彩りを添えていきます。同じ蒸 溜所で熟成しても、大麦麦芽の種類、醗酵や蒸溜の時期、樽の材質、樽の使用回数、貯蔵庫の立地、貯蔵庫内の場所などの様々な要素の違いから樽ごとに微妙な個性の違いが出 ます。

ウイスキーとは 

ウイスキーまたは ウィスキー (英: Whisky または Whiskey) は、蒸留酒の一つで、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、これを発酵、蒸留したものである。

「ウイスキー」の名称は、ゲール語のuisce beatha(ウィシュケ・ベァハ 、「命の水」の意)に由来する。


材料による分類
モルト・ウイスキー
グレーン・ウイスキー
ブレンデッド・ウイスキー
ライ・ウイスキー
コーン・ウイスキー

産地などによって原材料や製法に違いが見られ、そのため以下のように区別される。スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキーが世界の五大ウイスキーとされる。

ブランデーとは 

ブランデー(Brandy)とは、果実酒からつくった蒸留酒の総称。単にブランデーと言った場合は通常ブドウが原料のワインを蒸留して作られたものを指すが、リンゴやサクランボから作ったものも存在する。アルコール度数は40度弱から50度程度である。

7、8世紀ころより、スペインでワインを蒸留していたと言われる。15世紀には、フランスのアルマニャック地方やコニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーは現代では世界的に知られている。1713年にはルイ14世がフランスのブランデーを保護する法律を作った。それ以後、ヨーロッパ各国の宮廷に取り入れられ、「王侯の酒」の地位を得ていった。

ワイン王国でもあるフランスがブランデーの生産国として有名であるが、ワインの生産国はいずれもブランデーを生産しており、日本もその例外ではない。 なお、フランスでは「コニャック」、「アルマニャック」という名称の使用は1909年以降は法律で厳しく制限されている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。